暑中見舞いの書き方

暑中見舞いは気軽に

暑中見舞いの挨拶状は形式ばらずに気軽に書きます。
暑中見舞いは、ご無沙汰している人に自分の近況を伝え、相手の安否もたずねる、挨拶状です。
書き方は、「暑中お見舞い申し上げます」と書き出すのが慣例となります。
ときおり、「拝啓 暑中お見舞い申し上げます」と頭語をつける人がいますが、頭語は不要で、当然結語も必要ありません。

スタイルは自由!

スタイルは縦書きでも横書きでもかまいません。相手を気遣う言葉さえ入っていれば、十分です。
イラストや写真を用いて、季節感を出す工夫をすると、あじわいがでます。
ただし、ビジネス用途の場合は、日ごろのお引き立てに対するお礼を述べ、今後の支援をお願いする言葉を添えるのが一般的です。

いつ出せばいい?

暑中見舞いの挨拶状は、小暑(7月7日ごろ)から立秋(8月8日)ころまでに出します。
立秋が過ぎたら、たとえ熱い盛りでも、「残暑お見舞い申し上げます」として、9月中旬までに投函します。

返事は?

暑中見舞いをもらったら返礼を必ず行います。
どんな場合でも相手から先に何かをいただいた場合は、すぐにお礼をするのがマナーです。
たとえ、出し遅れた場合でも、理由などはあまり書かずに、お礼のことばで誠意を示すようにしましょう。

ビジネスで出す場合はともかく、個人で出す場合は、決まり文句を並べるだけでなく「いっしょに暑気払いをしましょう」など心の通うひと言を添えましょう。

暑中見舞い文例(例1 夫の両親へ帰省の連絡を兼ねた暑中見舞いの挨拶状)
暑中見舞い申し上げます
 例年にない厳しい暑さが続いておりますが、皆様にはいかがお過ごしでしょうか。
 この暑さに辟易している私を除けば、家族は皆、元気いっぱいに夏を満喫しております。
 〇〇は連日のクラブ活動で真っ黒に日焼けしています。
 お盆には一週間ほど帰省できそうなのですが、ご都合はいかがでしょうか。
 まだまだ盆明けまで酷暑が続くようです。
 どうぞお体に気をつけて。

 

挨拶状ならこちらのサイトも参考にしてください。 暑中見舞いの挨拶状なら